美容外科 美容皮膚科 看護師

美容外科と美容皮膚科 看護師の業務内容はどう違う?

美容皮膚科は、皮膚に特化した医療技術を美容に転嫁したものです。人は歳を重ねると、どうしてもシワやたるみ、シミなどが生じるものですが、美容の観点ではそれらは忌むべきものでもあります。それらに対する悩みは、女性であれば誰もが共感するところでしょう。美容皮膚科には、アンチエイジングへのニーズが高いお客様がよく訪れます。シワをとりたい、シミをとりたい、若々しく張りのある素肌を取り戻したいというニーズです。そのようなニーズに応えるのが仕事になります。

 

一方、美容外科では、文字通り外科的な処置が多く、施術の際の補佐は半ばオペ室の看護師と共通するものがあります。美容皮膚科ではそのような切術は少なく、ヒアルロン酸をはじめとする各種薬剤の投与や、レーザー治療などによるシミの消去などが主な施術内容で、看護師としての実務の内容はまるで異なるものになるのです。美容外科が兼ねるケースも多いのですが、皮膚に特化して独自に発達した医療でもあるので、美容皮膚科として独立したクリニックでは美容に関わるということは変わらないものの、外科的処置を伴わないケースが圧倒的に多いです。

 

転職支援サービスなどで求人を比較する場合、ご自身のキャリアを鑑みて、どちらが適しているのかを検討してみましょう。オペ室などでの経験が豊富であれば、美容外科での看護師の実務はすぐに馴染むことができるでしょうし、そうではないのであれば、美容皮膚科を選択するというのも良いでしょう。