美容外科 病院 転職 メリット デメリット

病院の美容外科への転職〜メリットとデメリット〜

美容外科はクリニックとして開業して展開されていることが多いですが、総合病院の部門として存在しているケースも多々あります。そのような診療科としての美容外科でも、当然ながら求人はあります。しかし、街のクリニックとは就労環境が少し違うので注意が必要です。街のクリニックは完全なサービス業ですが、診療科のひとつとしての美容外科はそのような「客商売」という側面が少し薄まります。それは、外科や内科と隣接するからでもありますし、医院全体の雰囲気に準ずるからでもあります。「サービス業」としてというよりも、医療の延長線として存在しているので、もしも美容外科の看護師という仕事に対して、華やかさや、キレイでスタイリッシュなクリニックで働く自分をイメージしているのであれば、そのような期待とはちょっと違うということになります。それが、病院の美容外科に転職する際のデメリットです。

 

一方、メリットとしては、運営母体が「病院」であることになります。街のクリニックとして営業していると、評判ひとつで経営が傾くことが多々あり、そのための「サービス」であり「接客」なのですが、総合医院などではそのようなことはあまり気にしません。必要な機関として存在している病院の、診療科のひとつという安心感があります。

 

病院勤務には、このようにメリットもデメリットもありますが、それらの条件や環境を予め転職支援サービスなどのWEBサイトで確認しておくことで、「こんなはずではなかった」ということを避けることができます。