美容外科クリニック 転職 メリット デメリット

美容外科クリニックへの転職〜メリットとデメリット〜

一般的な医療全般における看護師と、「美容外科クリニック」における看護師の役割は違います。個人で開業しているようなクリニックでは、美容外科ではなくても、看護師としての本来の業務以外にも求められることが多く、受付から事務仕事まで兼任する必要がある場合があります。その中でも、美容外科クリニックでは特に「接客」についての厳しい要件が存在します。看護師として純粋に医療に関わっていきたいと感じている方にとっては、その点は転職する際にデメリットとして感じられるでしょう。

 

美容外科のクリニックは、顧客からすると美容院やエステと同列です。評判がその集客と経営を大きく左右します。美容院やエステと比較すると高額ではあるものの、そのような費用をかけてでも美しくなりたいというニーズがあるものですし、その費用に見合うだけのサービスをお客様は求めています。そのようなニーズに対して応えられない美容外科クリニックは、一気に経営が傾くことになるでしょう。そのような点もデメリットとして挙げられます。

 

ただし、求人支援・転職支援サービスなどで転職した方の体験段などを見るとわかりますが、夜勤の内勤務体系うあスタイリッシュな職場環境はとても魅力的です。看護師のスキルを活かして美容の最前線で働くことができるということが最大のメリットと言えます。女性として、お客様の美容の相談に乗ることはとてもやりがいのあることですし、自らの美に対する意識もどんどん高まることも実感するでしょう。