美容外科 看護師 ブランク 復職

ブランクのある看護師が美容外科に復職する場合の注意点

看護師としてのキャリアを重ねてきたけれど、結婚や出産などを経るとどうしても一時的に仕事から離れなければいけなくなってしまうことはあります。子どもがある程度成長し、生活も落ちついてきたところで復職しようと考える人は多いものですが、復職までのブランクが長ければ長いほど、覚悟しておいた方が良いことがあります。ひとつは、美容外科は日進月歩の医療技術であるということです。復職した際に、以前は存在しなかった処置などが発達していることが多々あります。

 

そして、美容外科は「トレンド」と共に存在しています。施術前にお客様がその内容を気にするものですし、ドクターから説明を受けるだけではなく、接客の際の話のタネとしても、それらの最先端技術の知識は必要です。実際の施術に関わる場合はもちろんですが、それらの知識は接客の際にも知っておく必要があるのです。また、エステなどの美容サービスの延長と捉えられやすい美容外科では、それらのエステ、理容、メイクアップに関する知識もお客様に対する会話に必要な知識となります。看護師として関わる実際の施術だけではなく、復職する際には「美」に関する包括的なトレンドに追いつく必要があるのです。

 

求人・転職支援サービスでは、そのようなブランクのある方が復職できるクリニックや病院を調べることができます。そのような方を歓迎しているクリニックや病院では、現在のトレンドに追いつくための研修支援などが充実している場合が多いので、自身で勉強し直すことはもちろんですが、仕事に就いてからもバックアップしてもらえます。